Saturday, 01 December 2018 / Published in CINEMA SOUND, FIELD RECORDING

This is one of my project which I just started at the moment.
Besides my always trusted 8040s, Tiny Lom audio Uši Pro with Rycote baseball worked pretty well for outside use.
Here is sound from both mics. Sorry for the clipping from unexpected public announce….

Monday, 12 November 2018 / Published in CINEMA SOUND

自主映画やショートフィルム等お手伝いさせて頂く際にどのようにファイルをやり取りしたら良いのか聞かれる事があります。
今回はピクチャーロック後(画の尺の決定)のサウンドデザインへ移行する工程を簡単に説明します。

まずセッションは01:00:00:00時間からスタートしましょう。
(後に2popと言われる1kHzトーンを使い、画像スタートの2秒前(00:59:58:00)から映像と音をシンクさせる作業が出てくる可能性もあります。)

ステップ1 整理整頓
セリフ音源をマイク毎また、キャラクター毎、シーン毎等、トラック別に分かりやすく整理しましょう。
その際に使用したマイクの名前を記入しましょう。(収録時に予め各ファイルに書き込んで置くと良いです。)
それ以外の現場で収録した動作音やベースの環境音、また音楽等は別トラックに。
また後に使用音源を変える事もありますので、この段階では同録で録った全ての音源は残しておきます。

ステップ2 AAF書き出し(オーディオファイルのみ)
追加したADRやVOICEOVER,MUSIC等も含め、全てのファイルが正確な場所にあるか確認後、AAFに書き出しましょう。
スタンダードな設定は以下の通りです。

  • Audio Format: Broadcast Wave
  • Bit Depth: 24Bit
  • Sample Rate: 48kHz
  • Haddle Frames (ファイルの余白)500frame程度。(編集時にセリフの入っていない場所を使う場合がありますのであまり短すぎないように。)

ステップ3 ガイド画像の書き出し
ガイド用ですのでピクチャーロックしていればカラコレ以前で大丈夫です。
可能であれば映像の上や下にタイムコードが表示されるようにしておくと、音と画のシンクを確認するのに便利です。
スタンダードな設定は以下の通りです。

  • Video: MOV
  • codec: Avid DNxHDまたはapple ProRes
  • Audio: PCM/Wav stereo (24Bit48kHz)

 

 

まとめ
これでサウンドトラック制作に必要な全てのファイルが揃いました。

  • トラック毎に分かりやすく整理整頓されたAAFファイルとそれに付随する音源。
  • タイムコードが書き込まれたMOVファイル (ガイド音源を含)。
  • それ以外の音楽ファイル等の音源フォルダー。

全てのファイルをprotools等の編集ソフトにインポートして、
作品全体の方向性をスポッティングセッションで決定し、テンポラリーミックス等の数回の確認を経てプリミックス、ファイナルダブと進んで行きます。

 

質問等ありましたら
contact

Tuesday, 18 September 2018 / Published in CINEMA SOUND

According to SONOSAX, it is a lightweight 2 channels high resolution dual-domain microphones preamplifier with integrated USB audio Class 2.
Looks good and simple Swiss design.

Details at SONOSAX

Inputs / Outputs
2x mic/line inputs on TA3, electronically balanced, with phase reversal, 48V phantom, LF cut and level control on the front panel
1x AES3/AES42 on TA3, transformer balanced input with phase reversal, 48V phantom, LF cut and level control on the front panel
1x line output on TA3, 2 channels analog unbalanced
1x AES3 output on TA3, 2 channels transformer balanced with ASRC (48/96/192k)
1x USB audio 2 channels input/output on micro USB type B connector
independent line/headphones stereo output on mini-jack

Performance
135 dB (A-weighted) overall dynamic range
THD < 0.001%
90 kHz overall frequency response @192kHz
24-bit 48/96/192kHz

Powering
external DC 9-18V on Hirose 4-pin
external DC 5V on micro USB
removable lithium-ion battery, charged with external DC input
intelligent energy management
User interface
128×64 monochrome OLED display
two rotary encoder for gain control
intuitive menu navigation

Mechanical
Machined aluminum housing
overall dimension: 74 x 28 x 130 mm (2.9’’ x 1.1’’ x 5.1’’)
weight 300g (0.44lbs) with battery
mounting holes on both sides
optional mounting bracket for still camera
Note: preliminary specifications, subject to change without notice

(C) SONOSAX

Thursday, 01 March 2018 / Published in CINEMA SOUND, NEWS

Japan is getting close to spring….

 

Get libraries and be a creative!!

 

Tuesday, 13 February 2018 / Published in CINEMA SOUND, H sight
Tuesday, 02 January 2018 / Published in CINEMA SOUND

Thank you very much everyone for your continued support last year.
We will be continuing support for every creative imaginations and projects out there.
Wishing everyone a great sound life in 2018!